日々の雑感、他愛ないこと。印のように記してみたり。日々の呼吸を此処に。

(6月からお休みしていましたが、再開しました。)
忍者ブログ

頁を戻る頁を捲る

雨の日に


 真っ青な紫陽花が咲く道を背には紺色のリュックを肩にはデニムの生地の手提げを掛け歩く。傘も紺色だ。そのうち雨も青く染まってくるだろう。そんな匂いがしていた。
 まだ高層ビルの先が白く煙ってないから、梅雨と言っても雨量は僅かだ。あそこが煙ったなら赤を身に付けるのがいい。青は雨に隠れ、白は雨に映え、赤は雨にいっとう滲む。
 かつて傘は白と決まっていた。青は雨と一緒になってしまうみたいでちょっと嫌。交わったり溶け込んでしまったりするのでなく隣に並ぶのがいい。交わったり溶け込んでしまったりしたら傍で雨をみつめられなくなってしまうから。
 明日から手提げは違うのを持とう。否々、雨で色を落として貰い瓶覗きの手提げに変えてしまうのも悪くない。
 ・・・雨の日、あたしの頭の内は魚の群れが巡っている。

拍手

      郵便箱

   
      * メールは表示されません