日々の雑感、他愛ないこと。印のように記してみたり。日々の呼吸を此処に。

(6月からお休みしていましたが、再開しました。)
忍者ブログ

頁を戻る頁を捲る

夕立


 ばしゃばしゃと音を立てる雨になった。
 夕立の音を耳に入れ乍ら風呂に入り、髪を洗うと静かに水を掛けた。
 いつのまにか沢山持っていたTシャツは壱度着たか着ないか、今年はそんな夏になってしまった。
 さよならと口にすると、傍に寄ってきたのは今年の夏でなくいつかの夏だった。今年は夏が無かったのかもしれない。
 血圧はいつもの数値まで上がりまた机に向かったり手紙を書いたりするようになったけれど、パソコンにさわる気が一向に起きない。拾月は其処まで来ているのに焦りも何も無く、此のまま消滅してもいいだろうとさえ想っている。いつまで経っても(頭で描いた)したいことができていないと想っていたけれど、決めたことの方はできていたのだろう。
 いつのまにか、はすぐに気付くことができず、だいぶ過ぎた頃になって、いつのまにか、をいつも知る。

拍手

      郵便箱

   
      * メールは表示されません