日々の雑感、他愛ないこと。印のように記してみたり。日々の呼吸を此処に。 忍者ブログ

頁を戻る頁を捲る

三つ子の魂


 佰圓均一店の水性塗料を試すには丁度いいだろうと、同じ店で買ってきたすのこで作った棚に試してみた。容器に水性ニスと記されていたので、上からニスを塗る必要の無いものだと想うのだけれど、此の間かあさんの家で使ったものとは明らかに異なり、絵の具を塗っているのと変わりない気がした。それでも乾かしてみると台所には合う色だったので安堵した。ウォールナットとメープルとどちらにしようか迷ったものの、メープルに決めてよかった。
 何事にも動じない性格とは程遠く、特に色や質感などを気にしてばかりいる。幼い頃になるべく周りに自分の好きなものを置いて過ごすことを知っていれば、癇癪を起すこともなかったろう。今は苛立ちの対象もだいぶ変わったし、疲れたと想えばすぐ好きなものを見てふれることができるので、さすがに癇癪を起こすことはない。
 嫌なところのある自分とさよならするのは幾つになってもできずにいるけれど、嫌な自分とさよならするのはそう難しいことじゃなかった。今なら気難しくていつも何かを睨むような眼をしていたあのこの頭を撫でて抱いてやれたりもするだろうに、あのこは自分でできるからと断るだろう。三つ子の魂なんとやら・・・。一時はあのこからうんと遠い処へ行ったのにまたあのこへ戻っている。そうして齢さえだんだん消えていき、気付けばあたしはみっつのあのこと同じ位置にいる。
 これから真冬までスリッパは履かず、裸足で家の中を歩き廻っているような気がする。胸に爆弾のようなものとうんと澄んだ川のようなものを抱えて。

拍手

      郵便箱

   
      * メールは表示されません