日々の雑感、他愛ないこと。印のように記してみたり。日々の呼吸を此処に。 忍者ブログ

頁を戻る頁を捲る

チケットを取りにいき


 大通りの向こうに行かないと或のコンビニエンスストアは無く、予約しておいたチケットを今日になりやっと取りに行けた。
 レシートをレジに持っていくと、其れを見た店員さんに、楽しみですね、と声を掛けられ顔に火が噴き出しそうになった。それほど恥ずかしがりやでもなくなったと想うのだけれど、ふいなことには恥ずかしがりやが出てしまう。手で口を押え返事をすると、店員さんは、甲斐バンド・・・、と続けた。甲斐よしひろさんの名で声を掛けられるのは此れで何度目だろう。彼以外の人の名で声を掛けられたことはなく、特別な想いを抱かずにいられない。それから、ひとつのことに限られた集まりが苦手で其処に身を置いたことがないだけに、声を掛けられると不思議な気持ちになる。
 表現している人がいて、其の表現したものを好きになる。そして稀に其れを表現している人に興味を持つことがある。表現したものにどっぷり浸かる、と云う具合に。

拍手

      郵便箱

   
      * メールは表示されません