日々の雑感、他愛ないこと。印のように記してみたり。日々の呼吸を此処に。 忍者ブログ

頁を戻る頁を捲る

 


 明かり窓の向こうが白かった。他の部屋へ続く細い廊下は昼間でも暗く、天気がよくわからない。廊下の奥が明るくなっているので、たぶん今日は晴れ。
 光は左手の浴室からやってくる。そして洗面所を置き去りに、浴室と手洗いを朝に変える。
 午前伍時、台所はまだ薄暗い。平日の朝食はトーストと目玉焼きと紅茶、それから上にトマトをのせたグリーンサラダと玉葱のスープ。買い換えたばかりのトースターは高さが無く、壱分と参拾秒を過ぎると黒焦げになってしまうから気を付ける必要がある。適当に新聞を読み家人を見送る頃には卓がオレンヂに染まっている。・・・朝だ。
 和室に戻り脱ぎ散らかしたパジャマを拾い、自分も着替え、雨戸を開けると、外は既にまぶしい。空も前の家の壁も通りも色はわからない。ただ、とても明るい。一面白っぽい。カーテンを閉めながら洗濯のことと今日しなきゃならないことと自分の時間のことを考える。
 夜中停止し硬くなってしまった躯と思考がゆっくりほどけていく時間。もう壱度カーテンに眼をやると隅がきいろに染まっていたので、腕を伸ばすと今朝はほんのちょっと朝を撫でることができた。

拍手

      郵便箱

   
      * メールは表示されません