日々の雑感、他愛ないこと。印のように記してみたり。日々の呼吸を此処に。 忍者ブログ

頁を戻る頁を捲る

 


 雨戸があるので網戸にしたまま寝てしまうことがあるが、まだ季節には早いのだろう。黒くなるまで藍色が積もった夜は、何処からか冷たい空気を運んでくる。冷たい空気は床を這い体温に忍び寄る。布団に入っていても足腰がやられ、だるさを感じさわってみるとすっかり冷たくなっていた。
 今回通院する必要はなさそうなものの、参度続けて腰痛になった。丁度体がそうなる時期だったのか、それともそれほど今まで住んでいたアパートと勝手が違うのかは、よくわからない。
 実家と同じようなつもりで暮らしているけれど、考え直してみると或の家は弐階があり、弐階はすごぶる日当たりがいい。壱階部分でも奥の洋室の左側は結構陽射しが入る。
 けれど、始めの壱年じゃあないか・・・。失敗しながら此の家のことを覚えて暮らしていこう。

拍手

      郵便箱

   
      * メールは表示されません